紙幣計算機

紙幣計算機

紙幣計算機

このページは「紙幣計算機で業務の効率化 」の情報コンテンツです。
紙幣計算機 > 紙幣計算機で業務の効率化

豆知識

紙幣計算機で業務の効率化を

紙幣計算機は銀行などの金融機関で使われるもの、という先入観を持ちがちですが、最近は機械が小型化され、さまざまな場所で利用されるようになりました。導入すれば、事務処理が大きく効率化されます。

紙幣計算機について

紙幣計算機は、メーカーによって、紙幣計数機といったり、ノートカウンターと呼んだり、その名はさまざまですが、紙幣を数えてくれる機械です。銀行の窓口で行員が紙幣計算機を使って、紙幣を数えているのを見たことがあるのではないでしょうか。その機能としては、紙幣の枚数だけを数える、金額の合計額を計算する、紙幣を仕分けるなどがあります。昔は人間の手によって数えられていました。熟練した人が計算すれば、それは驚くべき速さですが、それでもやはり速さと正確性では、機械には勝てません。

大量にお金を預かるところでは、事務処理の軽減、正確な処理を求められることから、今では紙幣計算機が数多く利用されています。人間が数えるには、1万円札なら1万円札だけ、5千円札なら5千円札だけで数えてきます。しかし、紙幣計算機ならごちゃまぜになった紙幣を入れてもきちんと数えて、仕分けも行ってくれます。手で計算するよりも格段に効率化が図れます。

紙幣計算機が利用されるところ

紙幣計算機は、以前は金融機関で主に利用されていました。金融機関はお金がメインの商品ですから、当然といえば当然ですが、紙幣計算機を導入するメリットが一番大きかったのが、金融機関だったのです。最近ではスーパーや街の小売店でも利用されることが増えてきました。理由としては、大量の現金を扱うことが増えてきたため、そして、紙幣計算機の小型化・低価格化が上げられます。金融機関では高さが大人の胸あたりまである、備え付けの大型の紙幣計算機が利用されていますが、机において使えるデスクトップ型のコンパクトなタイプや営業マンが利用できるようなハンディタイプの紙幣計算機も発売されています。紙幣計算機によって、煩雑な事務処理に患わされることがなくなりますので、時間を有効に利用できます。そう考える経営者も多いので、今紙幣計算機が注目されているのでしょう。

さまざま通貨処理機

通貨を数える機械は紙幣計算機だけではありません。硬貨計算機もよく利用されています。手計算の手間を考えれば、硬貨計算機の方がより効果が大きいかもしれません。その他、商品券の計算をしてくれるものもあります。発行元や金額の異なる商品券を投入してもきちんと計算してくれるのです。

紙幣計算機 激安通販