紙幣計算機

紙幣計算機

紙幣計算機

このページは「消えた2000円札 」の情報コンテンツです。
紙幣計算機 > 消えた2000円札

豆知識

消えた2000円札

みなさんは2000円札を最近見たことがあるでしょうか。発行から10年以上がたち、その存在自体知らない人も若い人の中にはいるかもしれません。

2000円札について

2000円札は、西暦2000年とその年に行われる沖縄サミットをきっかけとして、1999年に小渕内閣で発案されて、2000年7月に森内閣で発行されました。沖縄サミットがきっかけだったので、表面には他の紙幣とは異なり、人物ではなく、守礼門がデザインされています。記念紙幣ではなく、正式な紙幣としての日本銀行券ですが、現在では全く見ることがなくなりました。10代の人はその存在すら、知らない人が多いのではないでしょうか。2003年度以降は製造されなくなっています。その流通量もすでに発行されてない500円札よりも少なく、全く見かけることがなくなりました。

さまざまな偽造対策

2000円札には最先端の偽造防止技術が使われていることで、発行当時は話題となりました。たとえば、深凹版印刷という技術で、守礼門の図柄などインキが表面に盛り上がって印刷されています。潜像模様という技術を使って、お札を傾けると表面左下には「2000」の文字が、裏面右上には「NIPPON」の文字が浮び上がります。また、見る角度を変えると、左右の余白にピンク色の光沢のある模様が浮かび上がるパールインキという技術も使用しています。

なぜ2000円札は普及しなかったのか

2000円札は、発行の前年に小渕内閣において、かなり唐突に決まった印象があります。そのため、ATMや自動販売機、レジや紙幣計算機など設備面での準備が一般に浸透しないままに発行となってしまいました。そのため、2000円札が手元に来る機会も少なく、流通が少なくなってしまいました。流通が少ないと、ますますATMなどの設備投資を渋るようになります。このような悪循環が流通しなかった大きな原因だと思われます。

また、海外では、アメリカの20ドル紙幣やイギリスの20ポンド紙幣などがかなり流通しています。そのため、日本でも流通が期待されたのですが、海外では盗難予防のために高額紙幣をあまり持ち歩かない傾向があり、20ドル紙幣や20ポンド紙幣の使用頻度が高くなっています。一方、日本は治安がよいため、高額紙幣の1万円札や5千円札が問題なく流通しており、その点も普及しなかった理由ではないかといわれています。

紙幣計算機 激安通販