紙幣計算機

紙幣計算機

紙幣計算機

このページは「紙幣に施されている偽造防止策 」の情報コンテンツです。
紙幣計算機 > 紙幣に施されている偽造防止策

豆知識

紙幣に施されている偽造防止策

日本の通貨は、主要国の通貨と比べると偽造が少ないといわれています。それは最新の偽造防止技術が施されているからです。日本の紙幣の偽造防止策についてご紹介します。紙幣計算機でもこれらの技術を活かして、真贋判定ができる機械もあります。

偽札はなにが問題なのか

偽札の大きな問題は、偽札が横行すると、本来の通貨の信頼が揺らいでしまうことです。通貨に対する信頼が失われると、経済的に深刻な影響を及ぼすおそれがあります。極端な話をすれば、通貨が信用できなければ、物々交換で経済活動を行うことになってしまいます。そんな状態ではとても現在のような規模の経済活動は見込めないでしょう。経済的にも政治的にも大きなダメージを受けてしまいます。通貨の信用は国家にとってとても重要なことなのです。

日本の最新偽造防止技術

2000年に2000円札が発行されましたが、2000円札には最新の偽造防止策が施されたハイテクな紙幣でした。2004年にはその他の10000円札、5000円札、1000円札にも2000円札同様の新しい技術が導入されています。

10000円札を例とすると、深凹版印刷といって従来の紙幣よりもインキが表面に盛り上がるように印刷されています。特殊発行インキは表の印章に紫外線を当てるとオレンジ色に光り、地紋の一部は黄緑色に発行します。紙幣を傾けると、左右の余白にピンク色のパール光沢のある半透明な模様が浮び上が流技術はパールインキです。潜像模様という技術は、正面から見ると何も見えませんが、紙幣を傾けると文字が浮かび上がります。

偽造紙幣を見破るために

最近は紙幣計算機の機能として、紙幣の真贋を見分ける機能を持ったものもありますが、かならず見分けられるものではありません。普段紙幣を手にするときに気をつける必要があります。紙幣を触ったときにインキの盛り上がりがあるか、傾けて数字や文字が浮かび上がるか、光りに透かすと鮮明な肖像や線が現れるか。いくつかの特徴を頭に入れていることで、トラブルに巻き込まれないよう未然に防ぐことができます。

紙幣計算機 激安通販