紙幣計算機

紙幣計算機

紙幣計算機

このページは「紙幣計算機が導入される前の数え方 」の情報コンテンツです。
紙幣計算機 > 紙幣計算機が導入される前の数え方

豆知識

紙幣計算機が導入される前の数え方

紙幣計算機が導入される前はどうやって紙幣を数えていたのでしょうか。もちろん人間の手で数えていました。熟練した人が紙幣を数える様はそれは美しくとんでもなく速いものです。もちろん、その速さ正確性において、紙幣計算機にはかないませんが、手で数える方法も習得しておけば、より効率的です。

札勘定について

札勘定(さつかんじょう)は、略して、札勘(さつかん)と呼ばれることが多いですが、紙幣の枚数を数えることです。金融機関では新入社員の研修として、必ず練習させられます。やり方としては、縦読みと横読みがあります。枚数が少なければ縦読みで、枚数が多い場合は横読みで数えることが多いです。

コンビニやスーパーでも見かける縦読み

縦読みは紙幣を数える方法としては、一般的でしょう。コンビニやスーパーなんかで、店員がおつりを渡すときにお客に見せつつ数えるあのやり方です。紙幣を縦方向に持って勘定するので、縦読みとか、縦勘定と呼びます。やり方としては、紙幣の左下部分を左手の中指と薬指でしっかりはさんで固定します。紙幣の右上部分を右手の親指と人差し指で軽くつかみます。数えるときは、右手の親指で紙幣を下に引きながら薬指で一枚ずつ弾いて勘定します。縦読みは一枚ずつ数えますので、紙幣の枚数が少ない時に使用します。紙幣が100枚もあるような数が多い場合は、縦読みではなく、横読みの方が速いのです。

枚数が多いときは横読み

横読みは紙幣を扇のように開いて横から数える方法です。横勘定ともいいます。横読みはあまり見る機会はないのではないでしょうか。やり方としては、紙幣の左端の中央部分を左手の親指と人差し指で固定します。左手の親指がずれないように注意しつつ、右手の親指と人差し指で、紙幣をあおりながら、扇状に開いていきます。開いた状態で、右側から右手で4枚ないし5枚ずつの束がいくつあるかを数えていきます。4枚ずつ数えるのであれば、25回で100枚です。5枚ずつなら20回で100枚になりますね。4枚ないし5枚ずつ数えますので、縦読みに比べて速く数えることができます。ただ、枚数が少ないとうまく開かないので、縦読みの方が使われます。熟練してくると片手で扇状に開くことができます。

紙幣計算機 激安通販